こばやしずんばぶろぐ

職業作家の日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤンデリ1stCDショップメカノで取り扱い開始

ヤングデリックの1stCD「平成生まれ」のリリース情報。

中野ブロードウェイにある
ショップメカノ
http://members3.jcom.home.ne.jp/mecano/


で販売を開始いたしました。
販売価格は1,000円です。
メカノと言えば、ニューウエーブ、テクノポップ始めエレクトロ系なんかのCDやグッズのみを取り扱うという、まさにマニアックなお店ですな。
こんなレポートを発見。

お店には以前からT4P recordsからのリリース商品も沢山扱ってもらっていて、オープン当初からお付き合いはあるんですが、ここんとこ僕自身がCDリリースに全然関わっていなかったので、ここんとこ顔も出さずにいました。。。
昨日はとてもとてもお久しぶりにお店に伺いました。
久しぶりに行きましたが、相変わらずの品揃えと、そして変わらぬ店主の暖かい雰囲気。
CD納品に行ったんだけど、帰りにはTシャツ2枚とCDを一枚買っていてしまった。
しかし、ナカノブロードウェイは楽しいね。
衝動買いしそうになるのをぐっと堪えて、その後中野の飲み屋で飲んで帰ってきた。
中野は飲み屋が沢山あっていいなぁ~。
正直住みたい。

そんなわけでヤングデリック「平成生まれ」ぜひメカノでお買い求めください。
ヤングデリック「平成生まれ」
スポンサーサイト
  1. 2012/02/24(金) 13:40:44|
  2. バンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄拳3Dプライムエディション

3/16に発売した鉄拳3Dプライムエディション。
TEKKEN OFFICIAL
TEKKEN 3D PRIME EDITION
http://www.tekken-official.jp/tk3ds/index.html


新ステージBGMで1曲参加しております!
いやー、鉄拳ですよ!鉄拳。
  1. 2012/02/18(土) 15:55:13|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤングデリック試聴

ヤングデリックの試聴用クロスフェードミックスをサウンド雲にアップなのだ。



おー、このブログ上に貼れるのかー。
こりゃ便利だ!
  1. 2012/02/18(土) 15:44:22|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレンダー買わなきゃ

年明けからずっと仕事机上に置くための卓上カレンダーを買わなくては、と、思いつつずっと買いそびれている。
ネットのスケジュール管理やケータイにもスケジュール帳みたなのはあるけど、やっぱ仕事中に視線をずらすだけでパっと見えるところに欲しいんだよな。
目につく所にカレンダーがあると締切までの日数を視覚的にパっと把握できる。
この「パっと」てのが重要なんだな。
なにか予定を入れる時もすぐに手にとって確認できるし。
なので、卓上カレンダーが欲しいんだけど、この時期になるとカレンダーを置いてあるのが限られるよなー。
年末だとあちこちで、本屋でも売っているんだけど、さすがに年明けて1ヶ月半。
あともうちょい待てば年度始まりのカレンダーが出てくるが、それまで待つのもなー。
て、このまま買いそびれていたらその時期がきそうだが。
うむ、明日こそは忘れずに買おう。
  1. 2012/02/18(土) 15:41:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

音付

いま、映像に音を付ける(SEとBGMをつける)仕事をやっているのだが、これが送られてくる映像がコンテ映像状態の上に細切れ状態。
数秒のカットがたくさんバラバラになっている。
それだけ見ても全体の流れが分からない。
わからないことには音は付けられない。
ので、まずは音をつける前に映像を時間軸に沿った流れにまとめていくことから始めている。
ちょっとした編集気分。
そしてまとめてみると分かるね。
そんな映像編集に2日費やして、やっと本業のサウンド制作。
こりゃ時間がかかるなぁ。
映像は分岐が沢山あって、ちと細かいが、効果音は使い回しがききそうだな。
お客さんがこだわり持たなければ。
ま、まずはどんどん進めていかねば。
ネバネバ。
  1. 2012/02/16(木) 21:08:24|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンハン

MHP2から始めたモンハン。
MHP2Gはすげーやった。
MHP3は2Gほどやってない。
そして3DSのMH3G。
やってはいるが、やはり2Gのときほどのめり込んでいなかったり。
て、決してつまらないわけじゃなんだけどね。
もちろん楽しいんだけどね。
やっぱ新鮮味が薄れているのかもしれない。
なにより、仕事が立て込んでいてゆっくり遊んでいる時間がない!

現在HR6
G級に上がったが、G級が強すぎて防具が追いついていない。
防具をそろえるためのクエストをやっている時間がー。
時間がー。

そいえばマリオ3DSも買ったけど、2-4面あたりで止まったままだ。
年よりは最後までゲームをやりきれない。
  1. 2012/02/13(月) 23:04:45|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤングデリック初めての音源集

ヤングデリックってバンドで活動しております。
http://www.geocities.jp/zunba/Youngdelic/top.htm

活動開始したのが2009年あたり。
あたり、って言ってしまうのは、ちょっと定かではないから(笑
メンバーは3人。
イリエ、恋出、ズンバ。
元々はイリエことポンヒロと僕はヤノメマシーンってバンドにいたんだけど、そのバンドが活動停止をしてバンドがなくなってしまったので新たに作ったバンド。
良いバンドだったんだけどね。ヤノメマシーン。
なので、なにかしらバンド活動を続けたくて作ったバンド。

それで、バンド名の「ヤングデリック」は「ヤング」とサイケデリックの「デリック」を掛け合わせた造語。
意味合いよりも語感でこの名前にした。
コンセプトはキッチリ絞り込んでいるわけではないけど、80年代のサブカルっぽい感じが路線。
ま、ゆるい感じで活動しているんですけどね。

ゆるくはあるけど3年ほど続けているとそれなりに曲は出来るもので、9曲ほどできたとこころで音源をまとめてCDにした。
ヤングデリック「平成生まれ」

タイトルは「平成生まれ」
まさにヤング。
メンバーに平成生まれは一人もいないが、バンドは平成生まれなのでよしとしよう。

それで、CDは一般のCDみたくプラケースにも入ってなくて、変形の簡易紙ジャケな作りなこともあって、一般流通に流すつもりはなく、ライブなどの手売りで売っていこうかと。

ま、CDを作った一番の理由は「ちゃんと形にして記録しておかないと消えていってしまう」からなんですね。
個人的には過去にも仕事趣味合わせて音楽は沢山作っているけど、記録として残すには、やっぱりメディアの形にするのが一番かな、と思うんだよね。
データのままだと消えてしまう。
データだけだとPCやHDDがクラッシュしたら消えるんだよね。
それ以前に存在を忘れてしまう。
なのでCDにすることにした。
ま、あと、人にどんなバンドか説明する時もとりあえず音源を渡してしまえるしね。
物にして渡すのは、やっぱmp3なんかのデータだけで送るのと違うし。
特に僕みたいなレコード、カセット、CDといった物理メディアで育った古い世代は物として形になっていないと不安になる(笑
mp3に商品価値はない、と未だに思っているくらいで。
そんなわけもあってCDを制作したのだ。

で、今回初めて個人レベルでCD制作をしたんだけど、CD制作も随分と敷居が下がったものだ。
今まで、会社やレーベルではCDを作っていたので、CDの作り方自体は知っているが、個人でやってみて改めて敷居の低さを実感した。
10年前はまだ敷居が高い、というかCDプレスの値段が高かった。
今の倍はしていたな。
僕が始めてインディーズでCDを出したのが1998年だったか、その時は個人レベルで簡単には作れなかったな。
作り方も知らなかったので、トルバドールレコードというインディーズレーベルで作ってもらった。

それが今や簡単に作れてしまう。
印刷もプレスも個人で気楽に頼めるようになっている。
ま、印刷用データを作ったり、CDプレス用のマスターディスクの作り方を知らないともちろん出来ないけど。
注文自体はプレス請負会社のサイトから申し込んでお金も銀行振り込みで、特に担当者と直接打ち合わせすることなく、サクっと出来てしまう。
ネットで買い物する感覚で出来てしまう。
すごいねぇ~。
と、感心しつつも、なんだか物作りの感動が薄れているよう気もする。
CDってもっと価値のあるようなものだった気がするなー。と思うのも事実。
しかし、ま、こうやって簡単に作れる恩恵は受けてこうと思うのだ。

んで、今後ヤングデリックの音源はネット配信もやってみようかな、と考えております。
CDはライブなど直接の場で、広く浅く出すのはネット配信。
そんな感じで良いような。
ネット配信はやってもやらなくても、今のところはいいかな、と思うが、ちと興味本位で試してみたい。
個人レベルで出来ることというのを。
  1. 2012/02/13(月) 21:45:28|
  2. バンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職業作家とは

僕は音楽の職業作家として生計を立てております。
株式会社スパースィープに所属しております。
職業作家というのは、お客様からの注文を受けて、その注文に沿った楽曲や効果音を制作するプロのことです。
人様からお仕事を頂いて初めて成り立つ商売です。
なので、自分のことをアーティストだ、とはあまり思っておりません。
あまり、というのは、場合によっては人様の注文ではなく、自らの欲求のままに誰のも指図を受けずに楽曲制作をする時もあるからです。
バンド活動なんかがそうですね。
僕が今やっている「ヤングデリック」というバンドは、誰からも注文も指図も受けておりません。
メンバーといっしょにやりたいことをやっている。
ま、やりたいことをやってお金になるほど世の中甘くはないので、職業としての作家活動がメインになるわけです。
僕はこの職業作家にとても誇りを持っていて、またこういった仕事を続けられることはとてもありがいと思っております。
仕事に内容は、ゲームやパチンコ・パチスロなどのBGMや効果音、時には主題歌制作、ブッキングさらにはCD制作などサウンドに関する制作全般を行っております。
この幅の広さは大変でもあるけど、色々なことが出来て楽しいです。
お客さんによっては要求のレベルが高かったり、何度も何度もリテイクを出されて胃が痛くなるときや、締め切りに追われて疲れきることもありますが、すべてやり終えると楽しいものです。
なかなかな充足感もあります。
アーティストや著名な方のように、自分の名前が大きく出るようなことはありませんが、自分が制作した音楽やサウンドはどこかで誰が楽しんでいるわけなのです。
ま、このブログでは自分の仕事や音楽活動なんかについて綴っていおうか、と思っております。
  1. 2012/02/13(月) 17:25:59|
  2. 思考
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好評稼動中2

現在稼動中

バンダイ ガンダムトライエイジ

ガンダム同士がバトルを繰り広げるTCAG
現在第3弾が稼動中です。
ゲーム主題歌の作・編曲を担当しております。
そして、この主題歌のボーカルが、なんと古谷徹さん!
そう、初代ガンダムのアムロ・レイその人です。
アムロがガンダムの歌を歌う!
おそらくガンダム史上初めてのことだと思います。
もちろん僕はガンダムは1stからの大ファン。
それ以前に巨人の星からのファン。
レコーディングの時は緊張しました。
古谷さんは丁寧ながらも実に熱い「ヒーローソング」を歌ってくださいました。
開発者ブログに収録の模様が書かれております

開発者ブログにもありますが、バックコーラスはザ☆カインズさん。
水木一郎さんなどのバックコーラスを務めている、まさにヒーローソングの正統派コーラスグループ。
熱く、かつ素晴らしいハーモニーを奏でていただいております。
目指したのは「正統派ロボットヒーローアニメソング」です!

主題歌はゲームでも使われておりますし、トライエイジのTVCMでも流れております。
現在放送中のガンダムAGE枠でも流れておますので、ぜひチェックしてください。
そしていっしょに歌ってください「ガンガンガンガガーン!」

ちなみにこの歌はトライエイジ0弾~2弾までは高取ヒデアキさんのボーカルバージョンが使われておりました。
現行曲とはアレンジも大幅に違っております。
トライエイジのサイトでPVが公開されておりますので、こちらもぜひチェックを!

  1. 2012/02/13(月) 16:59:56|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好評稼動中

バンダイ DCD 仮面ライダーバトル ガンバライド
http://www.ganbaride.com/

歴代ライダーがバトルを繰り広げる熱いゲーム!
現在03弾稼動中です。
ゲーム主題歌の作詞/作・編曲を担当しております。
歌うはValentine D.C.のken-1さんと浅草雷ギャル☆まりさんの男女ツィンボーカル。
このお二人が熱くてカッコイーボーカルなんですよ!

なお、ガンバライドはシリーズで主題歌を担当しております。
過去には高取ヒデアキさん、串田アキラさんが主題歌を歌われておりました。
本当にみなさん素晴らしいボーカリストです。
聴いた人が熱くなり、なおかつ自分が理想とする熱いヒーローソングを作り上げるために毎回毎回気合が入ります!

お店で見かけたときはぜひ耳を傾けてください。
そして、ぜひゲームで遊んでください。
  1. 2012/02/13(月) 16:43:17|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テスト

もしもし
  1. 2012/02/13(月) 16:11:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

小林ずんば

Author:小林ずんば
作・編曲・サウンド制作全般を生業とする職業作家
ゲーム、他サウンド制作多数

エレクトロロックバンド
ヤングデリック でも活動中
http://www.geocities.jp/zunba/Youngdelic/top.htm

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
音楽 (2)
仕事 (8)
ゲーム (1)
バンド (6)
日記 (7)
思考 (2)
その他 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。