こばやしずんばぶろぐ

職業作家の日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひとやまこえる

今年入ってからボリュームのあるプロジェクトに関わっていたんだけど、今日、一山超えたっぽい。
まだまだ全部は終わってないけど、とりあえず一区切り・・・だと思われる。
思われる、つーのは今後の詳細スケジュールがまだ確定してないっぽいので憶測で。
とりあえず今年に入ってからの3ヶ月でBGM40曲とSE(効果音)を600個以上作った。
と言っても最初の1ヶ月はSEを100個作った程度だったので、実質2月からの2ヶ月で大半の作業をやったわけだ。
音を作っただけではなく指定のソフトでサウンドデータの組み込み作業もやってる。
この組み込み作業がなかなか骨が折れる。
そもそもサウンド向きではまったくないソフト。
正直面倒(笑
同じデータ組み込みでも任天堂のSoundmakerのほうが楽だ。
DSのNitoroは面倒だけど。

ま、しかし、いやー、オレって働き者だな(自画自賛
ま、まだプロジェクトは続くので気は抜けないが、今週末くらいはゆっくりしたいのだ。
つか、するのだ。
あー散髪に行きたい。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/27(火) 23:17:15|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Roland TR-808

音楽機材の話。

ちょーひさしぶりにTR-808に電源を入れて音を鳴らしてみた。
TR808

ちゃんと鳴った。
しかも相変わらずの良い音で。
うん、いいぞいいぞ ←井之頭五郎風に

TR-808は生ドラムのシュミレーションとしてはまったくのダメダメ音源なんだけど、コレ独自のサウンドとしては、ものすごく個性的で素晴らしい楽器なんだな。
そう「楽器」なんだな。
もう20年以上前の古い楽器なんだけど、いまだに魅力的な音。
魅力的というか、イメージが沸く音。
今はPCで膨大なサンプルネタや生ドラムと遜色ない音を出せるこの時代なので、でかくて重くて極限られた音色しか鳴らない(しかもリズム音だけ)機材なんて、なかなか使う機械がないのも事実だが、やっぱね、これでないと出ないものってのがあるんだな。
出来ればこういったハード機材だけで音楽制作を続けたいところだが、職業的に作るとなるとなかなか厳しいってのが現実。
じゃー趣味で、と思ってもハード機材は置き場所を取るので、置き場確保から始めなきゃ、ってことで気持ちはあってもなかなか出来ないんだな。
大量に機材なくてもいいんだけど。
自分としては、シーケンサーはAKAI MPC-2000 シンセはS.C.I Prophet-5 /KORG MS-20/DOEPFER MS-404 それにRoland TR-808 後はnord leadあたりがあればな、と思うのだ。
この中でpropeht-5だけは所有していないので、欲しいのだが。
(PRO-ONEはあるけど)
あ、MCP-2000も売り払って今はないか。MPC-1000ならあるけど。

つーかさ、日本のシンセメーカーにはぜひアナログシンセを復刻して欲しいんだな。
特にKORGは最近アナログライクな小型製品を出しているので、大いに期待したいところだな。
アナログシンセはライブでも使いたいのだが、古い機材だといかんせんデカイ・オモイ・不安定の3重苦で使いにくいのだ。
ま、デカイ・オモイは我慢して運んだとしても「不安定」はどうしようもない。
過去のライブでもリハまでは安定していたのに本番になったらピッチが狂いまくって使い物にならなかった。ってことが度々、というかほぼ毎回だった。
結局ライブでほとんど使えずに、デカクてオモイ機材をまた持って帰る、という拷問みたいな、報われない愛みたいなそんなことが多いかったので、ぜひ今の技術も足して安定感とコストパフォーマンスにすぐれた製品を出して欲しいのだ。
ほんと「楽器」といえるシンセサイザーが欲しいんですよ。僕は。
ビンテージシンセの良さはよく理解しているけど、運搬も含めたライブでの使い勝手に難がありまくりなので、そこを克服したシンセ(楽器)が欲しいのだ!
ま、moogやDave Smithなどの海外メーカーから出てますけどね。
ちょっと高い&こなれた価格のものだとツマミの数が省略されていたりで、「コレだ!」と踏み切れない。
いや、単純の貧乏人なので高額機材は躊躇する、ってことですけどね・・・・
というか、その金額ならビンテージシンセ買っちゃうな、という・・・・難しい乙女心。
乙女じゃないけど。
乙女はシンセにトキメカナイけど。

んで、ま、なにはとこあれTR808サイコー。
しばらくは人に貸し出してしまうけど、人様のところで思いっきり使われてくれー。
使ってくれー。
  1. 2012/03/18(日) 15:57:00|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラマ「孤独のグルメ」

今、テレ東で深夜に「孤独のグルメ」ってドラマをやっているのが、これがおもろいのだ。
実は原作の漫画を読んだことあるのだが、漫画のほうはなんだか地味だな・・・・と、思ってそれほど面白いとは思えなかったりしてた。
が、ドラマはその地味さが面白いのだ。
主演の松重豊さん演じる井之頭五郎がとてもいい味を出している。
朴訥とした大男がうまそうに飯を喰うシーンがドラマの大半なんだけど、それが実にうまそうに喰うんだな。
自分も影響されて飯喰うときについつい「うまい!」「うん、いいぞいいぞ」などと頭の中でつぶやいてしまう。
深夜のドラマだと以前「深夜食堂」もやっていたけど、あれも面白かったな。
ただ深夜食堂は食事メインじゃなくて人情ドラマに重点がいっちゃってたけど。
で、ま、この手の深夜のドラマってどういうわけか映画人や演劇人達の臭いがすごくするね。
70~80年代のパルコ文化、ぴあ文化の臭いがするなんだな。
オーバーグラウンドとアンダーグランド、メジャーとインディーの中間地点。
メジャーにはなりたいが、インディー魂は捨てたくない葛藤。
そんな感じ。
ま、あくまで僕の印象ですけどね。
で、僕はそういうの好きですけどね。
ドラマに出てくる役者も、ゴールデンタイムのドラマで主演を張る様な人じゃないけど、脇役だったりするけど実にいい味を出している俳優を出したりして、そこがまたいいんだな。
演劇や俳優には詳しくはないので名前までは覚えてないけど、どっかで見て「この人いいな」って思う人が出ていたりする。
孤独のグルメの松重さんにしても映画「じゃべれどもしゃべれども」に出ていて、それを見たときに「味のある人だなぁ」と思ったものだ。
こういうユニークなドラマ、これからも深夜枠で続けて欲しいのだ。
たまにしか見ないかもしれないけどー。
  1. 2012/03/18(日) 15:26:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマホにしたんだ

長年使っていたケータイくんがだんだん調子が悪くなってきたのでスマホに変えた。
愛フォンさんんではなく杏ドロイドちゃん。
どっちでもよかったんだけどね。
画面が大きくて見やすそうなものを選んだ。
文字入力はやっぱボタン式のケータイのほうが打ちやすいね。
実はケータイでもよかったんだけどね。
電話とメールと簡単にネットさえ見られれば、それで良いのだ。
詳しいことや細かいことはPCだし。
スマホつーても画面は小さいしね。
ま、とりあえずケータイよりは色々出来るようなので、ウチに帰っていろいろいじってみよう。
  1. 2012/03/14(水) 23:50:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドーパミックス 3DS 本日発売

ニンテンドー3DS用ソフト「ドーパミックス」本日発売(配信のみ)っす。
G-modeサイト
http://www.g-mode.jp/3ds/dopamix/
任天堂サイト
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/jdxj/index.html

2曲ほど楽曲提供しております。
所謂「音ゲー」ってやつです。
操作は超簡単。
ボタン一個を押すだけ!
画面もシンプル。
シンプルだけどチョー美しいです。
ダウンロード価格は600ポイント。
3DS持ってるって人はぜひ!
ちょーおすすめー。
  1. 2012/03/14(水) 20:38:48|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

予定は未定

3月11日マイ頑張ってるバンド「ヤングデリック」のライブの予定だったんだけど、メンバーがインフルエンザにかかってしまい、どうにも出演が難しくなった。
ので、今日、急遽ソウルメイトのハマー氏に連絡をして即興バンドを結成。
バンド名もないけど、さきほどリハスタでリハってきた。
基本即興演奏なんだけど、2時間ほどで4曲を制作。
即興演奏2人組でもなんかできちゃうもんだね。
機材は、ハマー氏がベース1本にループステーション&エフェクタ諸々。
エフェクタの中でもピッチスフターがすげーよかった。
メーカーどこだったけな?聞くのを忘れてしまった。
僕は、Roalnd SH-101を鍵盤に最近のKORGのミニ機材シリーズmonotribe、Kaossilator、KAOSSPADminiを使った。
あとは歌を即興で歌ったんだけど、けっこうできるもんだねぇ~。
持ち寄った機材は全部単音楽器のみで和音を出せる楽器は一個もない。
前々から思っていたけど、ロックバンドに和音楽器がいらないんじゃないか、と。
リズムとベースと歌に後はリード楽器がなにかあればいいんじゃないか、と常日頃から思っているんだよね。
ま、そのなにかに一番向いているのがギターなわけなんだな。
というかギターだからロックが生まれたんだよな。
しかし、monotoribeとKaossilatorは即興のリズム楽器としてすげー便利。
欲を言えばmonotoraibeにテンポタップがあるとよかったな。

と、本日のセッションで生まれた名曲を勝手に公開
おっぱいが震源地」(ライブ録音)

きょだいつなみ」(ライブ録音)

というわけで、3月11日はこの即興バンド(名はまだない)でライブっすー。
■○◆▽●□▲◇■○◆▽●□▲◇■○◆▽●□▲◇■○◆▽
■LAB@歌舞伎町 VOL.13

3月11(日) 17:00OPEN 新宿ゴールデン・エッグ
http://www.g-egg.info/top.html
東京都新宿区歌舞伎町1-16-10 第27東京ビル B2F
03-3203-0405
1000円+ドリンク代500円
<出演>
1700オープン
1745 ぬみゃん
1815 kazzbay
1855 弁慶
1930 ヤングデリック ←名も無き即興バンドに変更
2010 ブラックノイズ(團)
2050 ムジナチャンス
■○◆▽●□▲◇■○◆▽●□▲◇■○◆▽●□▲◇■○◆▽●
  1. 2012/03/04(日) 18:42:36|
  2. バンド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

小林ずんば

Author:小林ずんば
作・編曲・サウンド制作全般を生業とする職業作家
ゲーム、他サウンド制作多数

エレクトロロックバンド
ヤングデリック でも活動中
http://www.geocities.jp/zunba/Youngdelic/top.htm

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
音楽 (2)
仕事 (8)
ゲーム (1)
バンド (6)
日記 (7)
思考 (2)
その他 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。